必要な人材と必要になる人材


新しい門出がどこも始まりましたね、

新成人や新卒者の皆様が新しい会社で働くことを始めて思うことありませんか?


必要とされるようになりたい、認められたい。役に立ってみんなを驚かせたい。


意気揚々と前進し意気消沈して帰宅する。


そして一言、私には向いていない、無理できないとまとめる。


アルバイトや派遣社員、正社員は契約が違うだけでくくりは同じです、会社に仕える側、

そこに個人の自由があります。


1.馬車馬のように必死に働き、数をこなします。

2.要領よく良い事だけを選別しこなします。

3.必要な事はすべてやってみます。

4.やらないとゆう選択をします。


何が良くて、何が悪いのでしょうか?


人が必要とするのは頼りがいがある人でしょうか?

仕事ができる能力がある人でしょうか?

仕事ができないとだめなんでしょうか?


千差万別色々な考えがあると思います。

正解や不正解を決めようとしますが、なぜそうおもったかのWhyの部分が重要になります。


物事が進む時に仮説を立てて組み上げていく必要があり、

その時正解か不正解かはわかりません。

ですが、正解に一番近いのはどれかを選択し判断を連続して決めていく作業に

責任が生まれます。だれかのせいではありません。


自分の行動にWhyが紐ずいている人は、周りに協力者が生まれます。

そして一人ではできない事が多くの力のおかげで前に進み結果達成されていきます。


まずは働くスキルを身につけませんか?学ぶ事で未来を変えていけます。

この社会に平等は無いと思います。

あるのは時間とゆうものだけが24時間だれもが過ぎていきます。

自分がやらなければ自分を変えることもできません。

環境のせい、他人のせい、タイミングのせい考えればいくらでもでてきますよね。


比較するのは他人ではありません。自分です。


スキルが付くことによって、

自分を守る手段が増えます。経験も増えていきます。体験も増えていきます。


あなたのおかげでだれかが役に立つ時が必ず来ます。

勝ち負けが存在する以上、自分に勝つ為に諦めず少しづつでも良いので、

進みましょう。


最後になりますが、


必要な人材、必要になる人材どちらも自分次第。

行動に責任を持ち共に進んでいきましょう。


時間は勝手に過ぎていきます、変わらないことや、やらない事は同じでは

ありませんので注意が必要ですね。



それでは学びを止めずに、次の記事では@@@@@の事について

書く予定をしています。


それではお疲れさまでした、行ってらっしゃい。



閲覧数:40回0件のコメント